2020年43週目|県大会観戦

トレーニング
この記事は約7分で読めます。

2020年43週目のトレーニングまとめ

今週はZwiftメイン。

バイクは8時間のボリュームを目標にしていた。

特に調整したわけではないけど調整したような結果に。(´ε` )

ただボリュームだけというわけではなく、内容も濃く出来ていい感じだった。

テーマ L4とL5メイン
目標バイク : 8時間 ⇒ ○
      L5インターバル ⇒ △(L6インターバル)
ウェイト: 1回 ⇒ ○
走行時間バイク : 8時間01分
ウェイト: 35分
走行距離バイク: 259km (内ローラー259km)
総練習時間8時間36分
安静時心拍数(平均)37拍/分
睡眠時間(平均)6.06時間/日
FTP設定277W

43週目

10/19(月)

  • Rest

休養日

10/20(火)

  • Zwift Sweet Spot Pyramid – 50min
    1時間17分 221W(NP236W) 130/153拍 1027KJ

L3上限~L4(SST域)の10分×5本。

こういう地味な練習が好き。

強度と時間が絶妙で辛すぎず、楽すぎない。

少しがんばるの積み重ねていく感じが好きなんだろう。

あまり心拍数に対してパワーが出ているし、少しベースが変わってきた感覚ありそう。

10/21(水)

  • Zwift VO2 Development
    1時間12分 202W(NP237W) 130/165拍 871KJ

レースが近いし、インターバル練習を入れてみる。

前日の疲労感も抱えていて少しキツイなりにも余力があったのでヨシ。

10/22(木)

  • Rest

SSTをする予定だったけど、思ったより疲れているのか起きれなかった。

その代わりというのか、翌朝のJEET Base Rideで初めてAクラスで完走を目指すことに(?)。

10/23(金)

  • Zwift JETT Base Ride (2.7~4.5w/kg) (A)
    1時間00分 249W(NP252W) 149/164拍 893KJ DNF

金曜日恒例のBase Ride。

今回はAクラスへ初挑戦する。

スタート前は久しぶりドキドキ。

Aクラスは先頭4-4.5W/kgで1時間40分弱。

(FTP4W/kgちょっとの私にとっては、Base Rideの域を越えている…。笑)

集団内で上手く走れば3.7-3.8W/kgぐらいでなんとか完走できるんじゃないかな?と思い挑戦してみた。

さすがにこの強度をアップなしで入るのは辛いので少し早めにログイン(アップ)して臨んだ。

 

いざ、Base Ride(レース)へ。

 

なるべく集団の中盤~後方で走るようにするが、脚を休めれる余力なし。

L3~L4で淡々と走り続ける。延々とSSTしている感覚。

 

1時間が近づいた頃、先行していたCクラスを抜く時に若干ペースが上がり、少し離れてしまい気持ちが切れて終了。

やはり、自分が想像していたより厳しいようで完走できず撃沈。(ノД`)シクシク

 

右肩上がりな心拍

レベルアップ(自分比)したかな?なんて思っていたけど、まだまだ弱いことを確認。

自分比でレベルアップしたと感じていても、この世界には強い人が沢山いて、目標になるのでこれもZwiftの良さだと思う。

速い人と走ると刺激的。これは実走でもZwiftでも一緒。

 

Base RideをDNFしたけど、まだ時間があるのでもう少し回しておく。

  • Zwift 流しとEpic
    46分 198W(NP219W) 126/168拍 547KJ

最初はさっぱり掛からなかった。120Wでも辛い。涙

それでも回していると少しずつ掛かり始めてきた。

EpicKOMまで少しずつ上げて、ラジオタワーまで流して終わり。

20分ぐらいのTTするならちょうどよさそう。

10/24(土)

  • Zwift JETT Hill Climb & Interval Ride (B)
    1時間21分 217W(NP237W) 127/170拍 1053KJ

仕事なのでチーム練は欠席。

土曜の朝はJETT Hill Climb & Interval Ride。

20分程度のミニレースがあるのでそこで強度を上げておきたい。

グループライドで軽めのインターバルをこなして、ウォームアップ完了。

 

いよいよミニレース。(Jungle〜EpicKOM)

後先はあまり考えずにできるだけ集団に残れるように臨んだが、JungleからEpicに向かう登りで早々に撃沈。

Leg Toast…

疲労感があるにしても、もう少し粘りたいところ。

少しレストを挟み、立て直してからEpicKOMまで4w/kg目安に淡々と。

30分257W。いつもよりフリー区間が長めだったなー。

 

グループライド後は少し流しておく

 

10月後半ということもあり、朝はかなり冷え込むようになってきた。

とは言え、ローラーを10分も回せば暑いから扇風機が必須。

グループライド(レース)で脚を止めると一瞬で置いてけぼりになるので、ローラーから降りずに工場扇の回せるように中間スイッチをつけた。

ちょっとしたことだけどひと手間減って快適になった。

部屋が少しずつZwift仕様になっていく。

10/25(日)

  • Zwift JETT Endurance Ride 100km 3.0~3.3w/kg (B)
    2時間25分 207W(NP226W) 126/168拍

昼過ぎまで娘の子守を任されているから、せっかくなので娘と二人で県大会の応援へ行くことに。なので、早朝ローラー。

日曜のチームゆる練の代わりになるのが、JETT Endurance Ride 100km。

日曜はできれば淡々と乗りたいので私のニーズにピッタリなグループライド。

 

5:05スタート。

基本的には淡々と3.0-3.3W/kgで回す。

所々あるスプリントポイントとKOMポイントはフリーになったり、そうじゃなかったり。(どちらも30秒程度)

 

中盤のKOMポイントは全開で走ったがトップには届かず。(30秒634W)

パワーがほしい。

少しおまけで流してもまだ7:30。

 

ローラーを終えてからウェイトへ。

  • ウェイト35分
朝日が気持ちいい

ウェイトは特に考えずにいつものルーティンで。(重量だけ少しずつ調整していく程度)

で、娘とのデートタイム。(県大会の応援)

 

今年の秋の県大会はコースが変わっていた。(約7kmの微登りTT)

レース規模はかなり過疎ってるけど、おきなわIH優勝者やら、E1で勝つ選手が出走しているので勝つにはかなり厳しい大会。

 

どんどん選手が通過していく。距離感覚を見たところ30秒差スタートかな。

高校生たちが通過し終わって、いよいよ一般が来る。

 

FUMIさんのポジションいい感じ。私もこんな感じで走りたい。

続いて兄ちゃん。

兄ちゃんガンバレ~

 

一般参加者は6~7人程度なので、5分もしないうちにみんな通過していき終了。(´ε` )

全体でも15分ぐらい程度で終わった。

 

兄ちゃんはFUMIさんと7秒差で勝ったらしく、一般2位らしい。

一般1位の金田選手(と高校生トップ)は1分以上も速く圧倒的。

14分程度のレースで1分差って…。これが現実なんだと再確認。

 

この冬は20分5倍マンを目指してがんばるぞー。

地道にやっていけばいけるはず。

2020年44週目の目標

テーマ 中国地域ロードレース
目標バイク:  怪我をしない
      中国地域ロード(オープンA)10位以内

いよいよ来週末はシーズン初戦。(最終戦でもあるが…)

特別このレースをターゲットにしてきたわけではないけど、今年一年のトレーニング成果を見るには最高の舞台。今から楽しみだ。

 

無茶をして怪我をしないこと。これが最重要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました